ホーム

 政治理念

 活動報告

 アクセス

  後援会のご案内

   プロフィール

Home

Political Philosophy

Diary

Access

Syuji supporters

Profile

わたなべ周二 愛知の地域づくり 5つの課題

より安全にくらせるまちへ

せまい道路には車の待避場所を設けたり、歩道を整備するなど、歩行者の安全確保へ取り組みをします。

また公園や河川など「住」に直接関わる部分の積極的な改善で、もっと安全でもっと住みやすいまちづくりを進めてまいります。

●交番の機能の充実を図ります。

(配置人員の増により留守交番解消や地域パトロールの強化など)

●逢妻川の洪水調整機能の整備の早期完成を目指し、上部利用としての逢妻川河川敷グラウンドの整備を促進します。

安心できる子育て環境

育児しやすいまちを作るべく、広く様々な意見を公平に取り入れ、安心して子育てできるまちを作っていきます。子どもたちを取り巻く環境の変化に対応すべく、安全で快適で学びやすい学習環境づくりを進めると共に、通学路の安全確認・整備も行っていきます。

●保育園や児童クラブ、放課後児童教室などを支える人材の育成を図ります。

●小学校における英語教育に対応できる教員の資質向上を図ります。

まじめが取り柄の私が取り組む

「持続可能なまちづくり」

ゆるぎない決意を持って

政策の実現に取り組んでいます。

多様化時代・社会参画

様々な背景や価値観を持つ人々が共存する、多様性社会に対応するための仕組みづくりに取り組んでいきます。

●支援の必要な外国人に、必要な支援が確実に届くような体制を整備します。

●福祉施設等での自立支援や就労準備支援などを充実させ、障害のある方の日常生活における自立や就労のための支援などを進めます。

●子育て環境の充実を図りながら、子育て中でも働き続けられるような施策の充実を図ります。

強く持続する経済環境

人材と企業が結びつき、活動し続けることでまちは持続的に発展していきます。雇用を促進し、働きやすい環境づくりを進めます。また地域になくてはならない特色ある産業(商・工・農業)の普及を支援します。

●自動車の自動走行や航空産業など、次世代産業の育成を進めます。

●JR刈谷駅のホーム拡幅等への支援に引き続き取り組みます。

●圃場の大区画化やパイプライン化などを進め、効率的な農業経営が可能な土地改良事業を推進します。

後手ではなく先手を打つ

災害や発生する問題に対して、起こってから対処するのではなく、先回りして考え、予防線を張り、問題が起こりにくくなるよう手を打ちます。

●社会福祉施設の充実とともに、介護人材の確保・育成を図ります。

●リニア開業を見据え、西三河地域(刈谷)がその効果を享受できるよう取り組みます。

 (JR刈谷駅周辺の事務所等の需要に応える基盤整備の推進など)

政治理念

産・学・官

アライアンスの具現化

民力トライアングル

構想の確立

教育対策

経済対策

福祉対策

現在の教育制度は、小・中・高校・大学(6・3・3・4制)が整っています。一方、学校で教えること、家庭で教えることの線引きの難しさが、現代社会の問題の1つとなっています。また、核家族、少子化などの影響として、友達付き合いがうまくできない子供が増えたり、言葉や習慣などが継承されにくい状況も凝っています。そこで私は、故きを温ねて、新しい教育のあり方を提案してまいります。

刈谷市および周辺の経済面での好材料を背景に、現況の「ものづくり都市」とバランスよくコーディネートした「情報都市」を構築することを将来のあるべき姿として捉えています。私が提唱するKNTアライアンス構想は、刈谷市、名古屋市、豊田市との「響き合う街づくり」を目指すもので、相互に響き合う経済基盤の整備・発展に取り組んで参ります。

介護を必要とする方・しない方、それぞれに合った福祉活動をしましょう!ということです。健常者の方には、改めて社会参加をお願いし、今までに培ってきた技術・知識を伝承をしたり、一緒に時間を過ごしていただくなどがあります。介護を必要とする方には、きめ細かい医療の実現に向け、地域の病院・役所等関係機関と密な関係を構築し、介護する人、される人の負担軽減になるシステムを提案します。

刈谷市には、トヨタ関連企業を始め地元企業が、独自開発している福祉機器や車両、介護用器具等々があります。介護従事者の負担を軽減するパワースーツ、介護ロボットの導入など、人と先端技術が融合する「オリジナル福祉介護センター」を創設します。産・官・学が一体となって、小・中・高校との連携で将来の福祉・介護のあるべき姿を議論、創造し、より安心できる磐石なものとして参ります。

現在、企業が地元の小・中学校で様々な取り組みを続けています。例えば、臨時講師を派遣する、発明クラブを創設する、など非常に良い取り組みです。この範囲をさらに広げる活動を官・学が企業に提案、社会で役立つ教育を推進すべきと考えます。将来を担う人材と企業との接点を見出し継続的に育成する。つまり、永続的な「地方創生」に向け、「まち・ひと・しごと」を創生する街づくりを考えています。

愛知が世界に誇る企業、トヨタでは数十年前から自動車以外の研究開発にも着手し、莫大な投資をしています。こうした中、近年具体化してきた製品や技術をもとに産・学・官連携で地元企業の創設を提案します。地元の雇用と新しい相撲の獲得をより広い視野で協議する第三者機関を設立。「産・学・官」で全く新しい企業体を想像し、実現に向けたアクションプランを3・5 ・7・10ヵ年で計画してまいります。

渡辺周二の政治理念

渡辺周二のプロフィール

事務局へのアクセス

愛知県議会議員 渡辺周二

〒448-0821 愛知県刈谷市御幸町6-70

TEL 0566-28-3800    FAX 0566-28-3806

mail info@watanabe-syuji.jp

Copyright © 愛知県議会議員 渡辺周二  All Rights Reserved.